診察メニュー

インプラント

インプラントのメリットは?

インプラントの一番のメリットは、隣の健康の歯を削らないことです。
ご承知のように、歯は治療し削りだすと長持ちしなくなります。両サイドの歯を削り、 橋のように被せ物をする治療をブリッジと言いますが、文献的に平均10年で何らかのトラブルが出ると言われています。
インプラントは現在10年で98パーセントの生存率を示しています。

インプラント手術って痛いですか?

痛いように思いますが、歯を抜く程度かそれ以下だと思います。術後腫れを伴うこともあります。痛みに弱い人は、専門麻酔医による静脈内鎮静法(まったく辛さを感じません)もできます。

インプラントは誰でもできますか?

基本的には誰にでもできます。
ただし、全身疾患(コントロールできていない糖尿病、血液疾患など)をお持ちの方は、 主治医との相談が必要になります。喫煙者はリスクが高いといわれていますので、 この機会に禁煙すると一石二鳥かもしれません。

インプラントの治療期間は?

当医院で使用しているインプラントは、Straumann Implantといいます。スイス製の歴史あるメーカーです。
研究文献が一番多く、科学的根拠にのっとった治療を理念にうたっています。
このメーカーのインプラントのみ手術後、6週で骨と結合します。(4週タイプもあります)
したがって、最短で7週で手術から被せ物の治療が終わります。ただしこのようなケースは稀で、症例によって変わりますが、年々製品が改良され治療期間が短縮傾向にあります。

インプラントはどのくらいもちますか?

10年で下の顎では約98パーセント、上の顎では約96パーセントの成功率と言われています。昔とは違い安心できる治療になっています。
ただし、一生ではありません。術後数年で修正が必要になることもあることは理解しておく必要があるとおもいます。

スイス・ストローマン社が提案する“デンタルインプラント”

私たちがお薦めする理由は、品質に対しての絶対の信頼、そして患者様の身体的なご負担を軽減してくれるからです。
通常、治癒期間(顎の骨とインプラントが結合するまでの期間)は3カ月を要します。しかし、 ストローマンインプラントでは最短6週間での治癒が可能になります。
※治癒期間は初期の状態により異なります。

症例

インプラントの症例を見てみましょう。

症例1

左右の奥から2番目の歯が、欠損しています。
ブリッジの場合、両隣の健康な歯を削ることになるため、
インプラント治療を希望。
治療内容:左右に1本ずつインプラントを埋入(骨の厚みが十分あったケース)
治療期間:4ヶ月

症例2

下の入れ歯が動いてしまい、食事がしづらいのでインプラントにより
入れ歯を固定することを希望
治療内容:下の犬歯相当部に2本のインプラントを埋入
治療期間:3ヶ月

症例3

歯槽膿漏の歯を抜歯して部分入れ歯を入れましたが
前歯の針金が気になるのでインプラントを埋入して審美性を回復しました。
治療内容:左下に4本のインプラントを埋入
治療期間:4ヶ月